VirtualBoxとVagrantで開発環境の構築

前提

  • Mac OSX
  • VirtualBox
  • Vagrant 2.0.2

【VirtualBoxのダウンロード】
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

【Vagrantのダウンロード】
https://www.vagrantup.com/downloads.html

Vagrantで開発サーバのセットアップ

適当なディレクトリを作成します。今回はdjangoの環境を用意するためdjangoディレクトリを作成します。

vagrantのboxを追加します。

boxはhttp://www.vagrantbox.es/からURLを確認できます。

vagrantのboxリストに追加されていることを確認します。

先ほどvagrant init コマンドで指定した名前がconfig.vm.boxに入力されます。

仮想マシンを起動します。

ステータスの確認をします。

仮想マシンにSSHで接続してIPアドレスを確認します。

Vagrantは仮想マシンの/vagrantディレクトリと、ホストマシン(今回はMac)のVagrantfileが設置されたディレクトリが共有されています。

これでCentOS7の環境が用意できました。引き続きPythonの環境構築をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です